一般社団法人 日本乾燥おから協会

事務局

TEL:050-3786-1028
mail:isogai@mytofu.jp


おからをおたからに!

おからをおたからに!

豊富な栄養価があるにもかかわらず、廃棄物として捨てられてきたおから。
しかし近年、健康志向の高まりとともに、その価値が再認識されようとしています。
なかでも「乾燥おから」は、保存性の良さや流通しやすさから、高いポテンシャルを秘めています。
環境にも体にも優しいおからの再利用。
その可能性は無限大です。

4月8日はおからの日!

一般社団法人日本乾燥おから協会(東京都渋谷区、石川伸代表理事)は、毎年4月8日を『おからの日』とすることを正式決定しました。一般社団法人日本記念日協会へ記念日登録をしました。
日本乾燥おから協会では、新年度、新生活が始まる時期に健康食材である「おから」を食べることで、慣れない新生活での体調管理と1年間の無病息災をお祈りし、また、食べ物のありがたみや日本古来の「もったいない」心を思い起こす良い機会として、「卯の花」とご縁の深いお釈迦様のお誕生日『4月8日をおからの日』にすることとしました。

4月8日おからの日制定記念イベント

食品ロス問題専門家/ジャーナリストの井出留美氏と、精進料理研究家/おから料理研究家の麻生怜菜氏をお招きして、セミナー&料理教室を開催します。

  • 食品ロス問題専門家/ジャーナリスト 井出留美氏
  • 精進料理研究家/おから料理研究家 麻生怜菜氏
【日時】
2020年4月8日(水) 
10時30分〜14時30分
【場所】
天塩スタジオ(大久保)
【住所】
東京都新宿区百人町2-24-9 アマシオビル

※コロナウィルスの影響で中止とさせていただく場合があります。

「おからの日制定記念イベント」はこちら「おからの日制定記念イベント」はこちら

大豆の写真

どうして4月8日なの?

4月は別名『卯月』。「卯の花が咲く月」が転じて、『卯月("卯の花月"の略称)』と呼ぶようになったという説があります。そして、卯の花と言えば「おから(雪花菜)」の別名。4月8日に行われる「花まつり(灌仏会・お釈迦様のお誕生日をお祝いする行事)」では、家々に卯の花を飾ってお釈迦様のお誕生日を祝う風習が今も全国各地に残っています。

おからイメージ写真

おからってなぁに?

お豆腐や油揚げ、豆乳、高野豆腐などを作るときに出る「おから」は、近年、食物繊維や大豆たんぱく質を含む健康食材として注目されています。最近では、「乾燥おから」や「おからパウダー」が普及し、「おから」の栄養を手軽に摂取することができるようにもなりました。また、「おから」を積極的に食べることは、社会問題となっている″食品ロス低減"にも積極的に貢献することになります。


(c) 日本乾燥おから協会 All Rights Reserved.